生ゴミの嫌な臭いに精油を活用

ティートリーオイルの香り

人生の楽しみの一つは間違いなく食事でしょう!
外食なら『 ご馳走さま 』と告げておしまいですが、自宅では料理をつくれば野菜ゴミや魚の骨などが発生します。
また、作りすぎれば食べ残しとなり、生ごみ、残飯がともなります。
特にカニやエビ、各種のさかななど、魚介類はとっても美味しいのですが、ゴミ箱に捨てた生ゴミは独特の生臭く嫌な臭いが発生します。

そんな時にも精油(エッセンシャルオイル)が役立ちます。

手持ちの精油をティッシュに数滴垂らしゴミ箱に入れれば自前の消臭剤、芳香剤の出来上がりです。
お気に入りの精油の香りで嫌な臭いを抑えてみましょう!
ペパーミントやレモン、オレンジ、ティーツリーオイルの香りは清涼感があり嫌な臭い対策にもおススメのアロマオイルです。

特にかんきつ類、柑橘系の精油は他の精油に比べ酸化、劣化が早いため、うっかり使い忘れて時間が経ってしまう事も良くありますよね。
ゴミ箱の匂い消しなどに使う目的であれば、そういった時間の経った柑橘系の精油で十分ですから捨てずに利用してみましょう!

更にペパーミントオイルやティーツリーオイルなどの精油には、殺菌作用の成分が含まれていますから、
ダストBOXや生ごみから発生する悪臭や雑菌の繁殖を抑える効果も期待ができます。

注意点
ごみ袋に精油が直接触れないようご注意ください。

2017-03-29 | Posted in 利用例Comments Closed 

関連記事