ティーツリーオイル水溶液の成分

お掃除用スプレー

ティーツリーオイル15%水溶液の成分について

ティーツリーオイル15%水溶液は100%純粋なティーツリーオイルを必要としない場合やスプレーなどで広範囲に利用したい場合に便利な製品です。
精油の扱いに慣れている方やアロマセラピーのスクールなどで勉強された方はティーツリーオイルの原液をご自身で希釈して利用される方が多いですが、希釈に利用する材料を購入したり混ぜ合わせる容器を準備したりと手間が掛かる事もあり、はじめから希釈されているこの製品を購入される方も多くいらっしゃいます。
希釈する際に合わせる原材料、割合も好みですので同じ15%水溶液と言っても様々な方法、種類がございます。

当店のティーツリーオイル15%水溶液の配合成分及び由来は下記の通りです。


ティーツリーオイル Melaleuca alternifolia
SD-40アルコール(Pure grain alcohol)穀類由来
ポリソルベート-60 とうもろこし由来

水は不純物や沈殿物を取り除くフィルターでろ過し、金属成分などを取り除く脱イオンシステムを通し、さらに微生物などを紫外線で殺菌した脱イオン水を利用しています。
多くの工業製品、化粧品などの製造では微量のイオンが残留する水の場合様々な不具合が生じる可能性が高いため純水、脱イオン水が利用されています。
ご家庭で手作り化粧品や水溶液をつくる場合も、市販の純水などを利用される事が望ましいですが、短期間に使用する場合は一般的な水でも構いません。

ティーツリーオイルは Melaleuca alternifolia を水蒸気蒸留した100%ピュアな原液を使用しています。
TEATREETHERAPYのティーツリーオイルは重要成分であるテルピネン-4-オールの含有率が高く1,8-シネオールの含有率が低い薬用グレードと呼ばれるティーツリーオイルを使用しています。

※ご注意
スプレーなどで利用される場合、眼の近くなどで使用しないようご注意ください。

2017-03-17 | Posted in ティーツリーComments Closed 

関連記事