アボリジニの知恵とティーツリーオイル

Aborigine(アボリジニまたはアボリジニー)はオーストラリアの先住民族です。アボリジナル (aboriginal) とも呼ばれています。

オーストラリアは海洋探検家のキャプテン・クック (Captain Cook)とその冒険隊が西洋人として初めて発見したとされる大陸ですが
アボリジニはキャプテン・クックがオーストラリアを発見、上陸前からその土地で生きてきた民族とされています。

現在は海に囲まれ独立した大陸となっていますが、過去には陸続き、または狭い海峡で民族が移住してきたと考えられています。

オーストラリアの先住民族であるアボリジニは洞窟で暮らしていたとされ、多くの壁画も残されています。
これらの壁画やアボリジニの血を引く民族が描き出す独特な表現はアボリジニ・アートと呼ばれています。

アボリジニが過酷な環境の中で生き抜いてくる中で身につけた知恵のひとつにティーツリーがあります。
傷ついた動物たちが特定の池に入りキズを癒す姿からヒントを得たとも考えられています。
動物達が病気や怪我の際に利用していた池にはティーツリーの葉が落ち堆積していたのです。
そこでアボリジニはこの植物ティーツリーの葉または葉を磨り潰したような物を病気や怪我の際に利用してきました。
そのため、ティーツリーを 『アボリジニの知恵』 『アボリジニの万能薬』 『アボリジニの秘薬』 などと呼ぶ事もあるようです。

※ 弊社のティーツリーオイルは医薬品、化粧品ではございません。アロマテラピー等をお楽しみください

2017-11-19 | Posted in ティーツリー, 新着情報Comments Closed 

関連記事